営業時間・定休日
営業時間

9:30 ~ 18:30

 
定休日

毎週火曜日(月の最終日および祝祭日が火曜の場合は営業致します。)

 
電話番号

03-5878-0935

 
 
住所

〒134-0088

東京都江戸川区西葛西3-8-15

リクルート

スタッフブログ

掲載内容は公開日現在のものとなっております。
   
2018/03/31  おすすめ情報  サービスアドバイザー 松本 寛之
チェロキーのエンジンについて
松本 寛之 / マツモト ヒロユキ
[サービスアドバイザー]
 
ジープに搭載のエンジン紹介も、今回が最後!
先日、特別限定車「ナイトイーグル」が登場したチェロキ ーです。

チェロキーは2014年5月に現行モデルが発売。
チェロキーはグランドチェロキーとレネゲードの中間に位置するミドルサイズのジープで、歴代チェロキーを見ても、ジープのラインナップの中で一番革新的なモデルと言えるでしょう。

2014年5月の登場当初は、
3200ccペンタスターV型6気筒エンジンと、2400ccタイガーシャークマルチエア2直列4気筒エンジンの2種類を搭載。
2駆と4駆モデルをラインナップしていました。

現在は4駆モデルのみで、エンジンもV6-3200ccエンジン1種類となっています。

最高出力は200kW(272ps)/6500回転、最大トルクは315N・m(32.1kg・m)/4300回転。

気になる燃費ですが、
カタ ログに載っている国土交通省審査値のJC08モード燃料消費率は、
10.1km/Lと、10km/Lオーバー。
しかも、燃料はハイオクではなくレギュラーなので、かなり財布にやさしい仕様と言えます。

現在チェロキーのグレードは、トレイルホークとリミテッドの2種類。

ともに4駆で同じエンジンですが、
トレイルホークはオフロードモデルらしくアングルを考えたバンパーやオフロードタイヤ、さらに、ワイド化や最低地上高がアップされていたりと、さすがジープらしい仕様です。

そしてリミテッドは高級仕様で、グランドチェロキーに通じる豪華さがポイント。

登場してもうすぐ4年となりますが、デザインもまったく色褪せて いません。
限定車も登場したばかりなので、ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね!

 
   
2018/03/25  ショールームダイアリー  ショールームスタッフ 渡辺  奈美
動物園と桜
渡辺 奈美
[ショールームスタッフ]
 

こんにちわ 
JEEP江戸川店の渡辺です


今日は最高のお花見日和でしたね!

お昼休憩を利用して
私もプチお花見をしてきました 

すぐ近くに『行船公園』という公園がありまして
中には無料の動物園があるという事は知っておりましたが・・・

城東店から江戸川店に引っ越しをしてきて
もうすぐ1年が経とうとしておりますが
実は自ら足を踏み入れるのは初めてでした 


IMG_9421


動物園には予想を上回るいろんな動物がいました
こんな街の中に?!
ビックリ\(◎o◎)/!

お母さんワラビーは
お腹に赤ちゃんがいましたよ 
写真がお店できなくてとても残念です!


大人になって動物園を訪れる機会など全くなく
なかなかの癒しタイムとなりました 

IMG_9412


桜も青空の中
キレイに咲いてました 


IMG_9420

桜の木によっては5分咲きといったところでしたが
木の下では、たくさんのご家族が
お花見を楽しんでいらっしゃいましたよ 

街の中にそれも身近な場所に

このような空間がある事は嬉しいですね


JEEP江戸川店にご来店の皆様も
メンテナンスお待ちの時間に
『行船公園』へ行かれてはいかがでしょう 

これから気持ちの良い季節の到来ですものね!

皆様のご来店を
スタッフ一同、お待ちしております   

 
   
2018/03/23  おすすめ情報  セールススタッフ 五十嵐 智史
特選中古車情報!
五十嵐 智史
[セールススタッフ]
 

こんにちは、ジープ江戸川店の五十嵐です。

特選中古車情報のご案内でございます。

2014年式-2015年3月登録のグランドチェロキー

人気のラレードモデル・ブリリアントブラックが入荷です!

距離も15000kmと少ない車両です!

標準装備のほかにバックカメラが装備されています。

お値段もお手頃な338万円です!!

 

1点ものですので、早い者勝ちとなります。

お車の詳細は下記にございます。

↓↓↓

https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700050301630180322001.html

 

お問い合わせ、お待ちしております。

 
   
2018/03/22  おすすめ情報  サービスアドバイザー 松本 寛之
グランドチェロキーのエンジンについて
松本 寛之 / マツモト ヒロユキ
[サービスアドバイザー]
 
クルマ選びで気になることのひとつがエンジン。
ラングラー、レネゲード、コンパスと紹介してきましたが、今回登場するのはグランドチェロキー。

グランドチェロキーと言えば、ジープのフラッグシップモデル。
現行モデルは2011年3月に日本で発売開始。
2013年11月、2017年3月と2度のマイナーチェンジを行なってきました。

現在、グランドチェロキーのグレードはラレード、リミテッド、サミット、そしてSRT8の4種類。
SRT8はスポーツモデルで別格と言える存在ですが、そのほかの3グレードは同じエンジンを搭載しています。

搭載エンジンは3.6LペンタスターV型6気筒DOHCのガソリンエンジンを搭載しています。

最高出力は213kW(290ps)/6400回転、最大トルクは347N・m(35.4kg・m)/4000回転。
モデル登場以来から搭載されている信頼あるエンジンです。

そして気になる燃費ですが、
カタログに載っている国土交通省審査値のJC08モード燃料消費率は、
9.6km/Lと、2トン以上あるボディのクルマで、約10km/Lはとても優秀と言えるでしょう。

しかも、燃料はハイオクではなくレギュラーなのです!
アメ車=ハイオクのイメージがありますが、レギュラーでOK!
財布にやさしい仕様と言えるでしょう。

ちなみに2017年3月のマイナーチェンジ前は、
サミットにはV8-5700cc OHVエンジンを搭載していました。
最高出力352ps/5200回転、最大トルクは53.0kgm/4200回転を発揮する魅力あるエンジンでしたが、
マイナーチェンジの際に、V6-3600ccエンジンに変更となりました。
装備はそのままに約70万円も値下げとなり、さらに魅力あるグレードとなりました。

現行ラングラーと同じエンジンを搭載し、気持ち良い走りを見せてくれるグランドチェロキー。
ぜひ、店頭で試乗してみてくださいね!

 
   
2018/03/16  おすすめ情報  サービスアドバイザー 松本 寛之
いよいよ春!タイヤについて
松本 寛之 / マツモト ヒロユキ
[サービスアドバイザー]
 
冬も終わりを告げ、いよいよ春!
今、スタッドレスタイヤを履いている人も、そろそろ夏タイヤに交換という人もいることでしょう。

さてそのタイヤですが、クルマが唯一地面と接するパーツ。
オンロードだったら静かさやゴツゴツ感の無い乗り心地や雨の日のハンドリングなどが大事ですし、オフロードだとどれだけ荒れた路面でもしっかりとグリップするかなど、目的に合わせて選びましょう。

タイヤメーカーもオンロード向きのハイウェイテレーンタイヤや、オフロード向きのマッドタイヤ、そしてどのような地形にも対応させたオールテレーンタイヤと、それぞれラインナップしています。

ハイウェイテレーンタイヤはオンロードでの乗り心地に優れる分、オフロードやラフロードではグリップ感がなくなり、そのような路面には向かないタイヤです。逆にマッドタイヤはオフロード、特に泥や岩に強いので荒れた路面でもしっかりとグリップするだけではなく、岩でタイヤをバーストさせることも少なくなります。そして、オールテレーンタイヤはオンロードでの乗り心地や静かさはハイウェイテレーンにはかないませんが、オンもオフも考えたちょうど中間的存在のタイヤです。


どのタイヤにしようかなかなか悩むものですが、どのようにジープを使うかがポイント! ファミリーでよく使うのに、見た目がワイルドだからという理由でマッドタイヤにしてしまうと載っていると苦情が出てしまいますし…。ただ、このように悩むのもクルマの面白さ。今年の春はぜひタイヤを換えて、アクティブにジープを楽しみましょう!

 
2018年03月(10件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部に戻る