営業時間・定休日
営業時間

9:30 ~ 18:30

 
定休日

毎週火曜日(月の最終日および祝祭日が火曜の場合は営業致します。)

 
電話番号

03-5878-0935

 
 
住所

〒134-0088

東京都江戸川区西葛西3-8-15

リクルート

スタッフブログ

   
2017/08/31  おすすめ情報   広報担当
「トレイルレイテッドのバッジ」
広報担当
 
ジープと言えば卓越したオフロード走破性能。しかし、どのような性能なのでしょうか。その指針となるのが、今回紹介するバッジ「トレイルレイテッド」です。

ラングラーだけではなく、グランドチェロキーやチェロキー、レネゲードといったオフロードモデルの「トレイルホーク」には、このトレイルレイテッドのバッジが装着されています。


ところで、このバッジはどのような意味が込められているのでしょうか。

ジープは長年に渡り、カリフォルニア州シエラネバダ山脈に横たわる、米国オフローダーの聖地「ルビコントレイル」の走破を課しています。写真で見ても、それこそYou Tubeで検索してもたくさんの映像が出てきますが、かなりハードなオフロードです。

その走破の証として、この「トレイルレイテッド」バッジを与えてきました。このルビコントレイルですが、オフロードのニュルブルクリンクと呼ばれるもので、トラクションや機動性、アーティキュレーション、地上高、渡河性能など、オフロード走破に必須な項目がすべて揃っているのです。




ちなみに、日本で初めてトレイルレイテッドのバッジが装着されたのは、現行チェロキーのトレイルホークから。それまではラングラーでさえ、トレイルレイテッドのバッジは装着されていなかったのです。

そして、逆にコンパスにはトレイルレイテッドのバッジを装着したモデルはありません。同じ4駆と言っても、クルマの性格に合わせて造られているのが分かります。
世界で最も過酷なオフロードコース「ルビコントレイル」を走破できる性能を持つ証、それがトレイルレイテッドのバッジなのです。
 
   
2017/08/29  お知らせ  セールススタッフ 五十嵐 智史
久しぶりの・・・
五十嵐 智史
[セールススタッフ]
 

こんにちは、江戸川五十嵐です。

久しぶりにグランドチェロキーの展示車が

入荷しましたので、ご報告でございます!

カラーも希少なグラナイト☆

やはりカタログと実物は違いますね

プレスラインを明確に感じられるこの色

自分は好きです!

いよいよ夏も終わりますが、

秋の行楽シーズンと

お楽しみ満載の決算月「9月」がやって参ります!

 

今週末はもう「9月」です!

是非江戸川店へお越しください。

ご来場お待ちしております。

 
   
2017/08/26  ショールームダイアリー 
本格オフロード
 
みなさんこんにちは。
夏休みもあとわずか、
キッズたちは宿題の悪夢にうなされていると思います。

先週開催されました、弊社ファイブスター東都のイベント、
NatureMeeting2017にお手伝いで行ってまいりました。

たくさんのお客様にご参加いただき、
ギリギリ天候にも恵まれました。

ご参加いただいたお客様、ありがとうございました。
数あるアクティビティのなかでも、ご好評いただいたのは、
リアルチャレンジです。
本当に大丈夫かと思うようなオフロードを、
プロのドライバーさんの運転で駆け抜けます。
車種はラングラー。
ぬかるみだろうが、段差だろうが、グイグイすすみます。

普段、街乗りしかしないというラングラーオーナーの皆様、
とんでもない走破性を持った車ですよ。

街中での安全チャレンジはJEEP江戸川店の試乗コースで
お楽しみ下さい。
 
   
2017/08/24  おすすめ情報   広報担当
Jeepの4駆システム「セレクテレインシステム」
広報担当
 
ジープと言えば軍用車のイメージがあるせいか、4駆システムも旧態依然のように思われがちです。

しかし、アスファルトといったオンロードだけではなく、林道や河川敷、砂浜といったところから雪道、ドロドロのマッド、さらには岩場まで、オフロードと一口に言っても様々な地形があります。

このオフロードを走破するために、ジープの各モデルにはそのクルマのコンセプトや特徴に合わせて、4駆システムが搭載されています。


今回はその中で代表的とも言える「セレクテレインシステム」を紹介しましょう。

このセレクテレインシステムですが、路面の状況に合わせて、最適な走行モードを選択できるトラクションコントロールシステムです。

例えば砂地やマッドを走る場合、このようなトラクションコントロールシステムがないとアクセルを踏み過ぎて、逆に路面を掘ってしまいスタックしたりしました。またタイヤが空転して駆動がかからず前に進まないといったこともありました。その場合、サイドブレードをひいたり、左足ブレーキで駆動が逃げないようにしたりと、玄人技が必要でした。

そのような難しいテクニックを必要とせず、走破できるようにトラクションをコントロールできるのが、このセレクテレインシステムなのです。

モードは標準の「AUTO」のほかに「SPORT」「SNOW」「AUTO」「SAND/MUD」「ROCK」を設定。グランドチェロキーには「SPORT」モードが、チェロキーのリミテッドには「ROCK」は設定されていないモデルもありますが、レネゲードやチェロキーのトレイルホークにはすべてのモードが設定されています。

それではどのような内容か簡単に紹介しましょう。

●SPORT:カーブが連続する道路で、スポーティな走りを味わいたい時に使います。

●SNOW:ABS付4輪ディスクブレーキ、オールスピードトラクションコントロールによって、オーバーステアを最小限に抑えることで、雪道や凍結した路面で走行性能をアップさせます。

●SAND/MUD:砂地やぬかるみを走破するため、ホイールに滑りを与えることで低スピードでのトラクションを最大化します。

●ROCK:凹凸の激しい路面状況や岩場を走行する時、リアデフをロックし適切かつ安全なスピードで徐行します。

●AUTO:車両の運動特性が路面にもっとも適した状態になるよう、すべてのオペレーションを自動調整します。
エンジンやブレーキ、駆動、サスペンションなど(車種によって異なります)、クルマの走行に関わるいろいろな箇所をコントロールすることで、その路面に合わせた最適な走行状態を作り出します。

いつもは「AUTO」で走っていると思いますが、ワインディングや林道、雪道では積極的にこのセレクテレインシステムを使ってみましょう。

 
   
2017/08/19  お知らせ  セールススタッフ 五十嵐 智史
NEWレイアウト!!
五十嵐 智史
[セールススタッフ]
 

ジープ江戸川店の五十嵐です。

本日は中古車の写真撮影についてです。

 

実はこちらのサイトの車両の写真はすべて

スタッフが撮影しています。

http://www.goo-net.com/usedcar_shop/0503016/stock.html

一例ですが、これが従来の写真撮影のアングルとロケーションです。

ちょっと暗い写真ですね、、、

(自分はアップ目の写真がすきです)

 

こちらが、江戸川店のファンタジスタ園部氏が考案したアングルです。

Jeepの看板が入るところがミソですね。

 

 

自分も負けじとマネしてみました。

ちょっとJeepマークが切れているのがマズそですが、、、

これだけでかなり印象はかわりますね☆

 

 

見慣れてくるとどの車両をどのスタッフが撮影しているのか

なんとなく察しがつくようになってきます。

 

 

そんなスタッフの試行錯誤が詰まった中古車サイト

今一度ご覧になっていただけますと幸いです。

 

http://www.goo-net.com/usedcar_shop/0503016/stock.html

 

 

お問い合わせお待ちしております。

 
2017年08月(13件)
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ページ上部に戻る